​不動産管理

空室募集業務

不動産管理会社の変更などで管理を引き継ぐ場合以外、管理物件は空室の状態からスタートします。
まずは、この空室にお客様が入居してもらえるように募集活動を行っていくところから始まります。

  • 近隣の競合している賃貸マンション・アパートの募集状況の調査・分析。

  • 募集条件の提案・入居促進のキャンペーンの立案。

  • 営業・販促活動を行う。

  • 室内設備のリノベーション・バリューアップや共用部の改修提案。

  • 重要事項説明書や賃貸借契約書の作成、内容説明などの契約締結業務。など

賃料管理業務

管理物件に新規入居となったら入居期間中と契約者管理業務が発生します。
入居期間の管理業務は多岐に渡りますが、その中でも重要な位置付けの業務として「賃料管理業務」があります。

 

  • 賃料入金状況の確認・金額の突き合わせ・家賃管理表の作成。

  • 賃料滞納者の特定と滞納者の一覧作成。

  • 賃料滞納者への支払い督促業務。

  • 税務処理

退去精算業務(管理物件のみ)

解約通知書をもとに、賃貸解約の確認します。
部屋の明渡しを受けて、原状回復費用やクリーニング費用を見積もっていきます。

その後、原状回復工事の発注や次回募集条件の提案などの業務に移行します。

  • 解約通知の受付・契約内容の確認。

  • 解約合意書の作成・締結。

  • 退去立会い・原状回復工事費用の確定。

  • 貸主負担分・借主負担分の確定。

  • 敷金や工事費用の請求・精算。

  • 原状回復工事・クリーニング工事の発注・完了確認。など

Takumi Spain Copyright (C) All Rights Reserved

  • Facebook
  • Instagram