コロナ後オフィス商業物件がリフォームされ住宅に

コロナ騒動でオフィスや商業施設が使われなくなる可能性があることで住宅用にリフォームされる物件が多くなってくると予測されています。住宅が高く、需要も高いため、このコロナ騒動機会に、この後もこのようなオフィス、商業物件を住宅物件に変更することは可能ですが、市の許可を得るために考慮しておかないといけないことがあります。


住宅でホームオフィスを持つことはできますが、基本的にはオフィスや商業物件は住宅用に作られていないため近所の騒音が住宅用に作られていないことが多いです。また大きさ、水回りのリフォームが可能かどうかは建築家に十分相談する必要があります。


住宅使用に変更が許可されていることがわかった場合、住宅にリフォームするには、制限があることを覚えておく必要があります。


 1-商業用から住宅用にリフォームされる物件は道路などに面していないといけません。つまり、物件には、公道または公共の空きスペースに面する少なくとも1つの入り口があります。一般都市計画計画に準拠していないといけません。


2-高さは少なくとも3メートルが必要です。


3-居住可能な部屋は最低12 m2でなければなりません。換気と照明が住居用になり、トイレ、廊下、廊下、物干しなどを除いて、物件の構成する他の部分は居住可能な空間でなければなりません。


4-最小住居平方メートル:38 m2の最小有効面積が必要でありキッチン、寝室とトイレが必要です。 この最小有効面積は物件は特別に構成されている場合、最小25 m2にできます。詳しくは建築家をご紹介します。


0回の閲覧

Takumi Spain Copyright (C) 無断複製・転載固く禁じます。

LINEでのお問い合わせ

  • Facebook
  • Instagram