スペインの2019年の平均家賃は4.8%上昇

スペイン不動産協会の賃貸価格レポートによると、スペインの2019年の賃貸は2018年に比べ4.8%上昇し、1平方メートルあたり月に10.9ユーロでした。オウレンセとメリリャは、価格が下落した都市であり、サラゴサ、バレンシア、セビリア、マラガでは、家賃は全国平均よりも高くなっています。一方、マドリッド、バルセロナ、パルマでは上昇は緩やかになっています。


0回の閲覧

Takumi Spain Copyright (C) 無断複製・転載固く禁じます。

LINEでのお問い合わせ

  • Facebook
  • Instagram