スペイン2020年第1四半期の家賃2.6%の上昇

最終更新: 4月15日

コロナによる影響がなかったスペインの2020年第1四半期の家賃相場では、賃貸は、第1四半期に2.6%上昇し、家具なしの値段で11.2€/m2だった。カタルニア州は2019年第4四半期に比べると3.2%家賃が上昇しており、昨年の同じ学期と比べると5.9%もの家賃上昇になっている。

特にLleida(5.7%)とCadiz(5.2%)は、1月から3月にかけて家賃が値上がった。昨年に比べてスペインで平均5%の賃料の値上げ。 第1四半期の賃料は、コロナウイルス危機が賃貸市場に与えた影響は出ていない。非常事態時に賃料の一時的な減額を行う貸主もでてくるかもしれないが、一般的に賃料のデーターには反映されない。


3回の閲覧

Takumi Spain Copyright (C) 無断複製・転載固く禁じます。

LINEでのお問い合わせ

line_btn.png
  • Facebook
  • Instagram