バレンシア 外国人による不動産物件購入率が上昇

バレンシア州の今年第1四半期は今までになく外国人の購買数が増えた。スペインの住民権を持っている人と持っていない人を区別したところ、 前者は購入数全体の56%を占めている。

バレンシア州では、イギリスが両方のカテゴリの購入総数の中で最も多い国籍である。スペインで住民権を持つ外国人による購入のうちイギリスの市民は12%を表し、ルーマニア人と同じ割合。スペインに居住せずにバレンシアにある物件を投資した人々のうち、イギリスが21%を占め、続いてスウェーデン人が14%を占めた。


2024年にパリオリンピックもありユーロの価値も上昇する可能性がある。日本ではあまり知られていないヨーロッパでのスペイン不動産投資ブーム






27回の閲覧

Takumi Spain Copyright (C) All Rights Reserved 無断複製・転載固く禁じます

  • Facebook
  • Instagram