スペインの不動産投資はコロナ危機の後V字型に回復か?

投資会社ゴールドマンサックス、Savills Aguirre Newmanによると、2020年の第4四半期から次第に危機が収まると予想され、倉庫物件と住宅物件が大きく回復されると予測しました。


投資会社の専門家達はコロナウイルスによる経済の影響は不動産物件の種類によって違うと予測しています。短期民泊物件、小売商業物件、ホテルは大きく影響を受け、物流(倉庫)、住宅物件は非常事態が解除され、経済が再び戻れば、2020年後半には回復に向かうということに同意しています。


オフィス物件については、テレワークが将来更に導入され、建物にITインフラが整っていることが重要で業務時間の柔軟性が求められるような空間を持った(Co Working的な)オフィス物件が増えていくと予測しました。

一方、コロナ危機の後、会社の仕事環境が雇用契約で再定義する必要があり、大企業が従業員を確保するのに多くの努力をしなければいけないと指摘しました。さらに、不動産業界はまだ契約方法などアナログな部分が多く、不動産の売買、賃貸の調印スキームをもっと簡略し、デジタル化しないといけないとも指摘しました。


スペインでは物流、倉庫物件、住宅物件と共に今後テクノロジー業界、医療、製薬業界の投資を誘致することに力を入れていきたいという結論になりました。




0回の閲覧

Takumi Spain Copyright (C) 無断複製・転載固く禁じます。

LINEでのお問い合わせ

  • Facebook
  • Instagram