観光客用のバケーションレンタル物件が長期賃貸用に

スペイン全体でこの新型コロナウイルスによる影響でバケーションレンタル用の賃料が最大15%下落する予測がされており、今年は観光客用の物件が減少する可能性があります。


非常事態が解除される最初の数ヶ月の間、短期用のバケーションレンタル物件に不況が大きく影響すると言われています。


複数の専門家は、経済が不動産業界にどれだけ影響するか予測が立っていないと言います。まずは海外から観光客が来ないことを想定し空室状態をまずは減らし、入居者を入れることが必要だと話しています。


38.8% 以前は44.1%を占めていた観光客用の検索率が38.8%に下がりました。 2.5% 住宅価格は非常事態宣言が発令される前2019年第4四半期に2.5%上昇しました。 40% 非常事態宣言が発令後、観光客に人気のバルコニーまたはテラスのある物件の検索率は、40%も急増しています。


22回の閲覧

Takumi Spain Copyright (C) 無断複製・転載固く禁じます。