2020年2月レポート都市部の不動産価格が下落

最終更新: 3月19日

2020年2月のスペインの不動産価格指数は昨年2019年の同じ2月に比べて3.4%増加したもののマドリッド、バルセロナなどの都市部の価格は少し下がっている。


2020年の先月1月と比べてバルセロナ市は0.3%下落に対しマドリッドは0.2%価格が上昇している。


しかしまだ一番高かった2008年の不動産価格に比べて30%ほど安く不動産価値が2020年少し下落するということでスペインの投資家がEU中央銀行の金利がほぼ0%に近いため安いローンを申し込み買うケースが増加している。



0回の閲覧

Takumi Spain Copyright (C) 無断複製・転載固く禁じます。

LINEでのお問い合わせ

  • Facebook
  • Instagram