​スペイン不動産投資について

スペイン不動産投資のメリット
  • 非居住者でも住宅、オフィス、店舗、その他の不動産の購入が簡単にできる(所有権も有)
  • ​平均利回りがヨーロッパの先進国で高い
  • 投資金額が低い(バルセロナはロンドン、パリの半分の価格)
  • 長期投資として魅力(2050年には先進国都市と同じ価格)
  • 不動産ビザ、永住権プログラム(スペイン国外居住でも維持可)
  • 固定資産税、管理費が他の先進国より安い
  • 減価償却、加速減価償却が適応される
最近の利回りについて
2019年時点でのバルセロナのVivienda(住宅用)の利回り平均は7.5%である。地区別にみるとNou Barris(2.458ユーロ/ m 2)とHortaGuinardó(3.021ユーロ/ m 2)が最も高くそれぞれ6.5%と5.5%、バルセロナで最も賃料が高いと言われているSantMartí(18ユーロ/㎡)とCiutat Vella(19.1ユーロ/㎡)の物件においての利回りは、それぞれバルセロナの平均を上回る5.3%と5.1%である。
​ヨーロッパ先進国で一番利回りがよく長期投資として最適

Takumi Spain Copyright (C) All Rights Reserved 無断複製・転載固く禁じます

  • Facebook
  • Instagram