バルセロナ中心地の緑地化


バルセロナ、アダ・コラウ市長による都市の更なる変化

バルセロナ市議会は、6月にバルセロナ市の中心地Example(アシャンプラ)地区の「Superilla」都市緑化プロジェクトを開始し、4つの緑化地点をConsell de Cent通り、Girona通り、Rocafort通り、 ComteBorrell通りとしました。今までの研究で汚染が増加していると思われる通りになります。「Superilla Barcelona」プロジェクトの一環です。


バルセロナ評議会は、2023年の第1四半期中に工事を完了することであり、5,270万ユーロの予算を割り当て工事を始めます。歩行者のためのスペースもつくられます。


最初の4つのこの通りの重点地区は、用途、交通の弁、緑、アクセシビリティ、舗装、電灯に関する共通の基準があり、新しい通りは、全てが変わることになります。


まずは4つの重点的な通りが緑地化

プラザと呼ばれる小さな広場は、Consell de Cent通り、Girona通りComteBorrell通りの交差点に作られ、市民の憩いの場所になります。Enrique Granados通りとRofafort通りは、緑と花を植えます。さらに、これらの4つの通りには、31の交差点に正方形の休憩場所や子供の遊び場となる場所を作り、歩行者用の道路になります。


アスファルトが除去され、「パノット」(バルセロナの花のデザインのコンクリートタイル)と花崗岩の石のタイル使用され、緑が道路の1%から12%を占めるようになり、400本以上の樹木が新しく植えられ流予定です。


2030年までに、この都市緑化プロジェクトは、Eixample地区に21の緑の通りを作ることを計画しています。これにより、歩行者用に33.4ヘクタールのスペースが生成され、バルセロナ市の緑化が図られます。Melidiana通り、Laetana通り、Pi Margall 通りも計画に入る予定です。


バルセロナの緑地化が進むと不動産価値も上がっていくことになるでしょう。

閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示