スペイン非常事態への段階的な規制緩和

最終更新: 5月5日

4月29日にスペインのサンチェス首相から新型コロナウイルスによる規制の緩和を今後8週間にかけて2週間ごとに段階に分けて実施される計画が発表されました。大まかには以下になります。


※公共交通機関や家の外でマスク着用推奨、人との間に2m以上の十分な距離をおくこと。

※スペイン中央政府の基本規則であり各州、自治体によって時期、数字について少し違う可能性もある。

※学校は基本的に9月から再開


【第0段階】5月2日〜10日


1)在宅勤務を優先。既に病院、警察、スーパー、薬局等の基本業務をしている人は今まで通り勤務可。

2)子供、大人、一緒に住んでいる人との散歩、個人での遊び。自宅から1km以内

グループ①14歳以上70歳未満 6−10時、20−23時まで

グループ②介護が必要、70歳以上 10−12時、19−20時まで 

グループ③14歳未満 12時−19時まで

3)教育施設、大学などではオンラインまたは遠隔教育が推奨。

4)小売店、美容院は予約がある場合のみ営業の再開ができる。

5)ホテル、カフェテリア、レストランはテイクアウトもしくは宅配サービスのみ。

6)母子家庭、生活保護が必要な人、障害の方へのソーシャルワーカーの対応。

7)ホテル、民泊施設は例外を除き宿泊は禁止。

8)スポーツ選手などのトレーニング開始。

9)一般的なスポーツは個人でできる範囲(610時と20時〜23時まで。サイクリング、ランニング、スケート、サーフィンなど。できるだけマスクなどをし距離をとる)。

10)鉄道およびバスは通常の30%運行。



【第1段階】5月11日〜24日 


1)各業種での職場でのリスク、条件、新型コロナウイルスの感染防止の分析。

2)母子家庭、生活保護が必要な人々、障害者への特別な保護をする。

3)10人以下のグループの活動可能。

4)同じ住所に居住し車に乗車する人の制限の拡大。

5)社会福祉サービスの再活性化。特に障害を持つ人々に注意し、早期ケア、作業療法、リハビリテーション、心理社会的療法を実施する。高齢者の在宅ケアと継続的な監視。

4)学校、大学など 各教育機関の施設の消毒、管理および準備、教師と補助職員の業務再開6)大学研究所の再開。

7)30人未満の参加者のセミナーや会議は人との距離を2メートル以上離して開催。

8)大型ショッピングモール以外の一般的な小売業は再開。

9)各商店、施設の人の収容員数は30%以下に制限、人との距離を2メートル以上離す。

10)屋外マーケットの再開。通常の訪問数25%の初期制限あり。

11)ホテル、レストラン、カフェテリア、屋外テラス席のみの営業:通常の50%に制限。各テーブルは10人以下。

12)ホテルなどの宿泊施設 感染防止をしていれば共有スペース以外の営業再開。

13)農水産業 食品および漁業の再開。家畜業、ワイナリーは衛生管理がされる。

14)図書館 貸し出し数が制限されるが再開予定。

15) 屋内での 30人未満の展示会、イベントは通常の収容人数の1/3の人数制限。

16)200人以下の屋外イベントや文化公演再開。(マスクなどをし、必要な距離をおく)

17) 美術館、博物館(訪問のみ。アクティビティはなし)各部屋を1/3の人数制限。

18)映画やTV撮影などの制作と撮影可能。

19)プロスポーツ衛生管理がしっかりされた施設、管理体勢の通常のスポーツの再開。

20)プロスポーツ選手の通常トレーニング開始。

21)観戦者がいない屋外スポーツ施設の再開。(トレーニング、陸上競技、テニスなど)

22)宗教の集会 通常の1/3の人数制限。

23)市内、近距離の公共交通機関 80〜100%の運行。

24)中距離および長距離の公共交通機関 30%の運行。

25)23、24については各車両には50%の乗車客の制限。



【第2段階】5月25日〜6月7日 収容員数は50%に制限(1/2の人数制限)


1)救済が必要な人、生活保護が必要な人、障害者のための保護措置またその他のグループの通常社会への復帰の支援。

2)別荘への旅行は同じ州にある限り許可。

3)限られた数の参加者のための結婚式。

4)特別養護老人ホームの場合を除く障害や高齢の人の家への訪問。

5)親が在宅勤務ができないうとう証明があれば、6歳までの保育園の施設を開放。

6)中学4年、高校2年生、特別教育の学生は15人から50人までのグループでの出席で開校可能。

7)小学校1年生から中学校3年政までは各学校、機関での教育強化プログラムを準備。

8)2名以上50人未満のセミナー、会議再開。(感染防止、距離を十分にとる)

9)博物館と科学館の通常営業再開。(収容人数の1/3の人数制限)

10)ショッピングセンターや公園を開放。プールなどのレクリエーションエリアの訪問は禁止。(収容人数は40%に制限、人との距離を2メートル以上離す)

11)屋外マーケットは店の数を3分の1から増やすか、表面積を広げる、距離をあける。

12)自動車学校や教養スクールの再開。(感染防止、距離を十分にとる)

13)ナイトクラブ、ナイトバー以外。レストランの立ち席以外で営業再開。ホテルの共有エリアは収容人数の1/3の人数制限。

14)レストラン、カフェテリア以外の共有スペースを開放。(収容人数1/3の人数制限)

15)狩猟と趣味の釣りの再開。

16)映画館、劇場、同様の場所再開。(必要な距離を保つ、収容人数1/3の人数制限) 17)屋内施設での 50人未満の展示会、会議、イベント(収容人数1/3の人数制限)。 18)400人未満の屋外イベント、コンサート再開(座席があり必要な距離を保つ)。 19)大人数グループ向けの観光、アクティビティ再開 20)プロスポーツ 屋内での試合は限られた人数での試合 21)プロスポーツ以外のスポーツ 人数制限がされる 22)屋内スポーツ施設(ジムなど) 接触がない、個人のトレーニングのみ 23)宗教の集会 通常の収容人数の(収容人数1/2の人数制限) 【第3段階】6月8〜21日 マスク着用などの感染防止に気をつけ通常の活動を再開予定 収容人数2分の1に制限 1)時間差による通勤、業務活動の制限。 2)救済が必要な人々への救済措置を考案、保護措置をとる。 3)第2段階より多い結婚式。 4)大型ショッピングセンターとプールなどのレクリエーションエリアが開放される。 (収容人数は50%に制限され。人との間の距離は2メートルに保つ) 5)屋外マーケットも2)に同じ。 6)80人未満のセミナー、会議再開。(収容人数は50%に制限。距離は2メートルに保つ) 7)飲食店のテラスのテーブル席は50%の制限で営業。 8)ナイトクラブとバルの最大収容人数は1/3。 9)バルの客と客との間は1.5メートル以上離す。 10)ホテルなどの宿泊施設はレストラン、カフェの最大収容人数は1/2。それ以外の共有エリアの開放。 11)第2段階の収容人数が1/3だったイベントは1/2に拡大。 12)ミュージカル、劇場の再開。(収容人数は1/3) 13)80人未満の屋内文化イベント、ショーの再開(収容人数は1/3) 14)800人未満のイベント、ショー、テーマパークの再開。(必要な距離を保つ) 15)ビーチ(距離をおいて感染防止をする)、一般的な屋外活動ができる。 16)屋外でのスポーツは全て普通に戻る予定。 17)屋内でのスポーツでは20m2に1人でできる。 18)観客がいるスポーツ、試合再開(収容人数は1/3)。 19)公共交通機関は100%運行再開。 20)バスおよび電車車両占有率の増加の可能性。

※スペイン保健大臣はによって状況に応じ規制の内容、適用地域が変更されます。


41回の閲覧

Takumi Spain Copyright (C) 無断複製・転載固く禁じます。

LINEでのお問い合わせ

line_btn.png
  • Facebook
  • Instagram