コロナ危機から1年間が投資チャンス

最終更新: 4月27日

コロナウイルスによって引き起こされる現在の状況から2008年の危機とちがうとスペインの不動産専門家が話しているが、今後多くのことが変わることも認識している。 リスクを恐れ不動産価格に影響を与えコロナ危機からの1年がスペインで掘り出し物を探している投資家にとって投資に熱狂的になるという。特に短期的で見ると特に今年の秋ごろと不動産協会が予測している。不動産市場は2008年の金融危機よりも危機はないとされ一時的な下落だけであると専門家が語っている。 中期的な不動産投資家は、現在コロナが起因で起こっている不動産価格の下落で将来更に下落するとは考えていないとう。 コロナの危機がホテル、または住宅用不動産への投資方法については間接投資を推奨した。 すべての危機において、現金で投資することが重要であり、資産に直接投資するのではなく、投資に関する専門家を通じてリスクを軽減し、見極めて投資することが必要。 コロナ危機によって起こった状況は、これまでスペイン市場に参入する予算の余裕がなかった投資家も魅了している。 市場には利息と流動性が存在する。スペインの株式や債券市場は数も少なく魅力的でない上に利息も低く仲介手数料も高い。それに対してスペインの不動産は非常に魅力的である。 資金調達についてはスペインの銀行は不動産開発会社や不動産会社を支援する。資金は引き続きあるが、より高額になると予測される。このコロナ危機では債務資金などの他の資金調達手法が新たにでてくることで資金調達の問題になることはないはずだ。スペイン中央銀行は多くの流動性を投入する予定であり短期的には助けにはなるが、スペイン企業への援助と可能な限り経済の再活性化が必要だ。



Takumi Spain Copyright (C) 無断複製・転載固く禁じます。

LINEでのお問い合わせ

  • Facebook
  • Instagram