top of page
  • e ya

住宅価格は10月に上昇。それでも2007 年を下回る

更新日:2022年11月4日


南ヨーロッパの不動産サイトの不動産価格指数によると、スペインの中古住宅の価格は 10 月に 0.9% 上昇し、1,910 ユーロ/m 2となっています。10 月のこの数値は、昨年の同月より 5.2% 高いものの、2007 年 6 月に登録されたスペインの過去最高の住宅価格を 7% 下回ります。


マドリッドは、過去1ヶ月で中古住宅の価格が唯一下落

最大 16 のスペインの地域で先月よりも高い価格が表示されています。ナバラ (3.2%) が上昇率をリードし、続いてアラゴン (2.1%)、ラ リオハ (1.9%)、カナリア (1.4%)、エウスカディ (1.3%)、カンタブリア (1.2%)、ムルシア (1%) が続きます。1% 未満の増加は、アンダルシア (0.9%)、ガリシア (0.9%)、カスティーリャ イ レオン (0.8%)、アストゥリアス (0.8%)、カスティーリャ ラ マンチャ (0.7%)、エストレマドゥーラ (0.7%)、カタロニア (0.3%)、バレアレス諸島 (0.3%)、バレンシア コミュニティ (0.1%)。一方、マドリッド (-0.1%) は、過去 30 日間で中古住宅の価格が下落した唯一の地域です。


バレアレス諸島は、家の購入に最も費用がかかる州

最大 42 の州で、前月に登録された価格よりも高くなっています。増加率が最も高かったのはナバラ (3.2%)、続いてサラゴサ (2.5%)、サンタ クルス デ テネリフェ (1.9%)、ラ リオハ (1.9%)、グラナダ (1.8%) でした。一方、先月から下落したのはバレンシア (-1.1%) 、続いてクエンカ (-1%)、バルセロナ (-0.7%)、アルバセテ (-0.7%) が続きます。

バレアレス諸島は、ギプスコア (3,388 ユーロ/m2) よりも家を購入するのに最も高価な州 (3,577 ユーロ/m2) であることを再確認しました。続いてマドリッド (3,115 ユーロ/m2)、マラガ (2,775 ユーロ/m2)、バルセロナ (2,715 ユーロ/m2) です。


バルセロナとマドリッドの2大市場で価格が下落

10月中、37の首都で住宅価格が上昇しました。

一方、バルセロナ市で0.7%、マドリッドでは0.5%下落しました。この値下げにより、マドリッドでの価格は 3,974 ユーロ/m2 になり、バルセロナでは 4,093 ユーロ/m2 になります。




閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page