不動産購入によるゴールデンビザの現状

最終更新: 2019年2月14日


EU圏外の約2万5000人の外国人が不動産投資によるスペインでの居住許可を得ている。

「ゴールデンビザ」として知られている居住許可を得るために、これらの外国人投資家はスペイン領土の家の購入に50万ユーロ以上を投資している。 経済省の最新のデータによると、約2万5000人の許可が与えられている。

投資家の3分の2は中国人とロシア人が占めており、投資を行う人物の特徴としては大多数を優秀な専門家が占めており、次いで仕事の理由などでスペインに引越してくる人たちなどが残りの少数を占めている。

主に不動産を購入されている地域はバルセロナが最も多く、マドリードとマラガなどが次いで上位を占めている。



0回の閲覧

Takumi Spain Copyright (C) 無断複製・転載固く禁じます。

LINEでのお問い合わせ

  • Facebook
  • Instagram