不動産セクターがM&A取引をリード


不動産セクターM&A取引総額は20億6000万ユーロ

不動産 セクターは 、取引数が28%減少したにもかかわらず、2021年の第1四半期にスペインのM&A取引市場をリードしました。1月から3月の間に、合計110件のM&Aが成立しました。取引総額は20億6000万ユーロです。


2021年2月は最も不動産セクターのM&A取引がされ、9億9400万ユーロに相当する42の合併・買収が成立し、3月には40の合併・買収が成立し、3月の買収額総額は6億9000万ユーロになりました。


第1四半期の取引のうち、3件はベンチャーキャピタル(シードキャピタルファンド)で5,400万ユーロ、2件はプライベートエクイティファンドで3億3,600万ユーロでした。


ドイツ銀行の不動産買収が最も高額

最も買収額が高かったM&A取引は、ドイツ銀行が管理するDWSGroupによる開発デベロッパーGestilarからの1,100戸の賃貸住宅の2億4000万ユーロの買収でした。


セクター別では、不動産がM&A市場をリードし、続いてテクノロジー、96の合併・買収。金融と保険の合併・買収。バイオ・製薬関係で32の合併・買収が行われました。


ドイツ・イギリスがスペインの不動産買収

ドイツの13の企業、イギリスの10の企業がスペインで不動産セクターへの合併、買収を行、投資が最も多い国です。


まとめ

スペインでは不動産セクターのセクターM&A取引が一番多く市場をリードしています。


7回の閲覧0件のコメント