2021年、オフィスの契約率が40%拡大する



Convid-19のパンデミックによって、今年のオフィス契約が若干減少しているが、来年には40%の回復が予想される。

あるコンサルティング会社の報告書によると、2020年末までのオフィス請負事業の契約率は30~45%まで収縮する可能性があるが、来期には40%拡大するとしています。この50%近い収縮は、コロナウイルスの不確実性による活動の停滞に過ぎません。また、これら収縮は地域にもよると明記しています。

なお、"一時的に、マドリッドとバルセロナの失業率が高くなるが、今後12ヶ月の間に前回の経済危機とは逆に、所得の緩やかな調整が行われるだろう "と読んでいます。

また、当報告書の中で、テレワークが今後数年で倍増することも挙げられていますが、オフィスの契約には影響しないと説明しています。これはオフィス需要の増加という形で知識経済が後押しされるという考えに基づいています。

最後に、これら予測はスペインが2021年半ばに状況が安定化した後、2020年のGDP成長率と平均四半期成長率が4%になるというシナリオに基づいています。


まとめ


オフィス契約がコロナ禍によって少し減少はしているものの、来期には通常通りに戻ります。オフィスは利回りの高い投資物件であるので、既にオフィス物件を持っている投資家も、これから投資を考えてる投資家にとってもこれは朗報です。

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
  • Facebook
  • YouTube

Takumi Spain Copyright (C) 無断複製・転載固く禁じます。