バルセロナの賃料昨年より13.5%も上昇



南ヨーロッパ最大の不動産サイトの調べによると、2022年4月はスペインの全国平均賃料が前年と比べ、平均4.7%上昇して10.89ユーロ/ m2になりましたが、マドリッドとバルセロナの一部の地区では、20%を超える地区もあります。


特に、バルセロナでは昨年の同時期に比べて13.5%も上昇しており、賃貸規制法が解除されたことと、戦争によるインフレコロナ危機の回復が主な要因だと言われています。


例:昨年1000€の賃料が今年は1350€


前年比でバルセロナは13.5%も上昇

一番賃料上昇率が高いサモラでは前年比に比べて15.5%

その次に、バルセロナ13.5%、クエンカ11.6%、バレンシア11.5%と続きます。


全国主要都市で比較

国内33都市で賃料値上げが確認され、上昇率が高い都市から順に、テルエルとクエンカ(5.3%)、アビラとウエスカ(4.8%)、タラゴナ(4.6%)、セゴビア(4%)と続きます。

人口が集中している大都市では、バルセロナ(2%)、マドリード(1.5%)、マラガ(1.3%)、ビルバオとパルマ(0.8%)、パレンシア(0.6%)、セビージャ(0.1%)です。


逆に賃料の減少が見られた都市は、アルバセテ(-1.8%)、ウエルバ(-1.5%)、ルーゴ、アルメリア、グラナダ(-1.2%)です。


県で比較

全国で一番賃料が高いとされる県は依然バルセロナで、月額14.7€/m2となっています。次にマドリード(月額14.1€/m2) 、ギプスコア(月額13.8€/m2) と続きます。


そして賃料が安いとされる県は、ハエン(月額5.1€/m2)、カセレス(月額5.4€/m2)、シウダドレアル、サモラ、ルーゴ(月額5.5€/m2)です。 投資家にとっては、今年はまだ購入価格は上昇しておらず、急な賃料の上昇のため利回りが良くなると思われます。


賃貸をする側としては、市場に出ている物件も少なく、賃料が急上昇のため、今年は非常に苦しい年になりそうです。


閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示